吹替台本の作成方法や吹替特有の翻訳方法・ルール(俳優の話すスピード・表情・口の動きに合わせて翻訳する、耳で聞いて理解しやすい言葉を選ぶなど)を学びながら、実際の現場で必要になるスキルを身につけていきます。

基本的なルールを学び、制作を体験することで、クローズドキャプションの概要を理解していきます。

字幕制作が未経験でも受講可能です。

※講師による講義映像を視聴いただく形態で提供しております。

基礎科から踏み込んで、より詳しく実践的に学習していきます。SSTの基本操作を習得し、課題を制作していただきます。

講評を交えながら、ルールの理解だけでなく、実際のお仕事で役立つテクニックの習得を目指します。

※講師による講義映像を視聴いただく形態で提供しております。

ワイズ・インフィニティのSST講座、または通学の字幕講座実践科を修了された方を対象とした講座です。課題はSSTで制作していただき、講評を交えながら、ルールの理解だけでなく、実際のお仕事で役立つテクニックの習得を目指します。 

※講師による講義映像を視聴いただく形態で提供しております。

当スクールのクローズドキャプション実践科修了生を対象とした1対1のフォローレッスンです。講座内容のおさらいや提出課題の個別講評、授業や課題とは別の素材を使った演習と解説を行います。 

 

トライアル対策やスキルアップのため、個別で指導してほしい方にオススメの講座です。苦手な項目を選んで受講ができるので、わからないことを重点的に復習できます。

 

さまざまな日本語作品を題材に、字幕やナレーション翻訳のルールや表現力、テクニックを学び、プロとして通用するスキルを身につけます。
*授業は日本語で行います。

徹底した個人指導なので、受講生の経験や実績に合わせたレクチャーが可能です。

3~5人のグループレッスンで、SSTの基礎知識からスポッティング技術までを習得します。

SSTの使い方が分からない方、これから購入しようと考えている方、使い始めて数ヵ月の方、ちょっと技術が足りていないとお思いの方。この機会を利用して何でも聞いてみてください。SSTのコツをお教えします。

※SST学習経験者対象の講座です。

放送翻訳は、「翻訳」といってもその作業範囲は幅広く、テレビ番組の制作で必要とされる外国語関連業務全般を行います。仕事場所はテレビ局が多いですが、在宅で行う作業もあります。放送翻訳で訳したものは、番組制作スタッフが番組を作る上で重要な資料となり、その後さまざまな人の手が加わって番組ができあがります。放送翻訳で使うソフトはMS-Wordだけということがほとんどです。台本がない映像が多いので自分の耳を頼りに翻訳します。